ブログ

内祝いとは?今更聞けない内祝いの意味や種類、マナーについて学ぼう

よく耳にする内祝いという言葉。

結婚や出産など、お祝い事で贈り物を頂いたときに、感謝の気持ちとして内祝いを贈るのが一般的です。

ですが、初めて結婚内祝いや出産内祝いを贈る方は、マナーやどのようなものを贈ればいいのかわからないと思います。

この記事では、内祝いとはどのようなものなのか、また、内祝いの種類やマナーについて解説していきます。

そもそも内祝いとは何?

内祝いとは本来、文字の通り「身内のお祝い」を表す言葉です。
自分の家に慶事があったとき、親戚や近所、お世話になったなど近しい方々とお祝いをすることです。
おめでたいことがあった家のほうが、お祝い事の記念や感謝の気持ちとして贈り物をし、その喜びを分かち合うというもの。
もともとは贈り物を頂いた時のお礼ではないため、自主的に贈っていたものですが、何も贈っていないのにもらった方に気を遣わせることが多いため、周囲から頂いたお祝いに対しての「お返し」としての意味合いが強くなっています。
つまり、現在「内祝い」とは、実際に祝いの贈り物を頂いた方に対してお礼の意味を込めて、「お返しとして渡す」ことを指している場合がほとんどです。
ですが、「お返し」としてお渡しするのは失礼にあたりますので、「内祝い」として贈っているのです。

どんな種類の内祝いがあるんだろう!!

内祝いには様々な種類があります。
代表的なものに関して紹介していきます。

結婚内祝い

結婚式や披露宴にお招きし、出席していただいた方のご祝儀は、披露宴でのお食事や引き出物がお返しの代わりとなります。
ですので、それ以外に内祝いを贈る必要はありません。
ですが、招待できなかった場合や欠席された方から何かお祝いの品を頂いた場合、お返しが必要となります。

出産内祝い

赤ちゃんが生まれたときは、出産祝いを頂いた場合のみならず、親戚や家族等に内祝いを贈ることがあります。
頂いた場合は出産内祝いとしてお返しを贈ります。
出産内祝いは、生まれてきた赤ちゃんの名前で贈ります。
他の内祝いと異なりますので、注意しましょう。

新築内祝い

自宅を新しく建てた場合や引っ越しをした場合、事務所を開設した場合などお祝いを頂くことがあります。
このような場合は、お披露目会などで招待し、お食事などでもてなすことが内祝いとなります。
都合が合わなかった場合や招待しなかった場合は内祝いとして贈り物をお返しする必要があります。

快気祝い

病気や怪我で療養中にお見舞いを頂いた方やお世話になった方に、お礼の品を贈ります。
快気祝いと快気内祝いは、違う意味で使われることもあるので注意しましょう。
一般的には快気祝いを用います。

その他

そのほか、子供の入園・入学、就職、退職など、様々なお祝いがあります。
また、内祝いによって熨斗の種類も変わってきますので、わからないときはお店に相談してみましょう。

内祝いで用意する金額の相場は?

内祝いに用意する金額は、頂いたお礼の約2分の1程度が基本的な相場となっています。
ですが、金額がかなり高額な場合は3分の1程度でも構いません。
大体ですが、お祝いで相手が用意する金額の相場があります。
事前に用意する場合など参考にしてください。
相場としては、友人や職場の同僚からのお祝いの場合、5000円から1万円程度。
親族の場合は1万円から3万円程度。
両親や祖父母の場合は5万円以上になることもよくあります。
ちなみに両親や祖父母の場合、金額が高額ですが、少ない予算でも失礼には当たりません。

内祝いを渡すタイミングは?マナーは?

結婚内祝いや出産祝い、新築祝いは、贈り物を頂いた日から1か月程度が目安となります。
快気祝いは、病気や怪我が治癒した後、1,2週間ほどでお返しします。
お祝い事で贈り物を頂いた際には、内祝いを贈る前にまず、頂いた方にお礼のお手紙や電話などで、お礼の気持ちを伝えます。
その後、お返しの金額に合わせたギフトを選びます。
出来るだけ早いうちに、ネットやカタログ等で贈る品物の候補を絞っておきましょう。
その際はギフトの専門店で選ぶのをおすすめします。
専門店の場合、不明な点など相談に乗ってもらえるので、安心して贈り物を選ぶことができます。
また、お祝いを色々なところから頂いた場合、渡し忘れが起きないよう、お返しの品物の価格帯別にリストを作っておくのもいいでしょう。
内祝いギフトですが、目安の1か月に合わせられるよう注文しましょう。
品物によって、お届けにかかる日数が異なる場合もあるので、注意しましょう。
贈り忘れが心配な場合は、早くお返しするのがいけないことではないので、早めに手配しても構いません。

直接渡せない場合はどうする?郵送でも失礼ではない?

内祝いですが、頂いた相手の方が遠方に住んでいたり、都合が合わなかったりで直接渡せないこともあると思います。
そういった場合は、宅配で内祝いを贈っても構いません。
近くのギフト専門店から贈ってもいいですし、近くにそういったお店がない場合は、ネットショッピングなどでギフト専門店を探して贈るのもおすすめです。
ネットショッピングだと豊富な商品数から品物を選ぶことができ、熨斗などもお店によりますがしっかり対応してくれます。

最後にまとめ

内祝いには、お住いの地域によって慣習がある場合があり、一般的なものと異なる場合があります。
そういった場合は、地域のことに詳しい両親や近しい人に相談し、決めましょう。
内祝いは、お祝いしてくれた方に対し、感謝の気持ちを込めて贈るものです。
単にお祝いをくれたからお返しをする、といったことではなく、心を込めてお返ししたいですね。
相手が喜んでくれるような心のこもった内祝いを贈りましょう。

お客様が選ぶおすすめギフト


お客様が選ぶおすすめ商品特集

相手様が選ぶカタログギフト


大切な相手様に選んでいただけるカタログギフト特集

メディアで取り上げられた話題の商品


多くのメディアで取り上げられたおすすめ商品の特集ページ

お急ぎおすすめオリジナルギフト


ハリカオリジナルギフトここでしか買えないおすすめギフト特集 翌日発送可能商品が多数ご用意しております。